読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3連単 的中率50%・勝てる!競艇予想

競艇歴30年の独自開発「的中法則」による、稼げる予想です。

50年の永いギャンブル人生(23)

3連単 的中率50%競艇予想 ☆☆☆ 2連複予想の詳細活用法 (1) 2連複予想になっていますが、2連単予想と思って下さい。 常に1着2着の2連単として予想しています。 (2) 3連単の活用方 例 予想1 1=2 予想2 1=3 予想3 1=4 の場合 パタ…

50年の永いギャンブル人生(22)

パチンコの続きですが、妙に同じ時間帯に当たるとは、思いませんか、自分の憶測ですが、まるっきり当たってないのに、ある時間帯(混んでる)が来るとバラバラと当たり始めます。 この時間設定はハイエナ防止だと思います。いまは精巧な防犯カメラが設置され…

50年の永いギャンブル人生(21)

例えば、その店である台が1日3000回、回る台があるとします、そして確率通りに10回当たり、10回の時短が1000回あり、実質約2000回分のお金が入るとします。 大体等価で1万円で150回回るとすれば、10万円掛かり両替が5万円でマイナス…

50年の永いギャンブル人生(20)

一、二週間前くらいか、テレビで野球賭博か裏カジノの男を、どうだこうだとニュースで流していましたが、八百長相撲みたいにとことん追及したら、今のメディア、野球界を巻き込んで大騒動になる可能性があるし、実際にハンデ師がいる訳なのに追及もしないで…

50年の永いギャンブル人生(19)

久しぶりに投稿します、どこまで書いていたのか忘れていて、読み返してみました。 この1週間、参院選や都知事選開始があり、私は会社へ行きながら桐生女子と、びわこ競艇を予想投稿していました。 参院選は私が、票を入れた候補者は落選しました。 振り返っ…

50年の永いギャンブル人生(18)

2002年、54歳で、大学時代からの友人の会社に拾ってもらい、在庫管理、広報等なんでも手が空けばやり、会社は社長のワンマン経営で、入社したばかりの私が、いつの間にか、2番手になりました。 会社の経費節減、効率化をしましたが、リーマンショック…

50年の永いギャンブル人生(17)

ギャンブルをやる人には切っても切れない八百長問題を話しましょう。 私が20歳頃、大井町の深夜スナックで働いていた時、先輩によく連れて行かれたのは 大井オートでした。 競馬と違い爆音を響かせ500バンク走り回る姿はカッコよく憧れていました。 当…

50年の永いギャンブル人生(16)

売り上げの半分を占める会社が夢にも思わない地方移転に、店内改装等、色々な手を 尽くしたが、バブルのドン底にある時期では、どうしょうもなく、2年後に、店を閉店することになりました。 以前から学生時代の友達に誘いを受けていて、他の人は再就職が厳…

50年の永いギャンブル人生(15)

70歳近くになって、思うことは18~19歳頃、私の社会環境は、暴力団、覚せい剤に取り巻かれていましたが、全然興味がありませんせした。 今になって考えてみると、覚せい剤にハマる奴は、基本的にヤクザ、暴力団に興味憧れがある人間か、変態的異常SE…

50年の永いギャンブル人生(14)

私の店は、順調で売り上げも伸ばし 競艇、パチンコ、酒、女と毎日遊びまくり、麻雀は下火になっていました。 こんな商売をしていると、女にも不自由したことはなく、若い娘、モデル、歌手志望、OL、人妻、ホステス等と一夜限りから数か月と好き勝手に付き…

50年の永いギャンブル人生(13)

野球賭博の全盛期は、競馬のノミやも全盛期で、日曜日は、付き合いで仲間のマンションに集まり酒を飲みながらノミやに電話、サラリーマンも利用していたみたいです。 また女子たちは、芝浦のデイスコ「ジュリアナ東京」へ、時間になると田町駅はワンレグボデ…

50年の永いギャンブル人生(12)

1988年に彦阪が整備違反で懲戒処分になったのが、今、思えばバブル崩壊の予兆だったかも。 私の知り合いに元不動産屋の地上げ、競売屋がいて、遊んでる若い男を探し、空きマンショの部屋に居座りさせ、ヤクザと組んで金を取っていました。 当時の競売は…

50年の永いギャンブル人生(11)

私は、余り野球が好きでなかったので、手を出しませんでしたが、変わらず競艇の開催時は、毎日行きました。戸田、多摩川、江戸川はたまに行きました。 私より年下で野球賭博の集客のマスターと以前から知り合いで、彼は集めた掛け金を1割抜き上にあげ、今度…

50年の永いギャンブル人生(10)

1991年、私が43歳の時、カラオケパブをオープン、バブルの絶頂期もあり、30~40人の宴会も常にあり、私も絶好調で、大井競馬ナイターも1986年に始まり、昼は競艇、終わったら橋を渡り、ナイター競馬と連チャン、大負けする事もタビタビでした…

50年の永いギャンブル人生(9)

私も30歳になり、女房と4年間一生懸命働き、お金を貯め、炉端焼きの店を開く等、色々な人生設計を立てました。 だが私のギャンブル好きは治らず、女房は昼間仕事でいないので、パチンコ、競艇、麻雀とやりまくり、女房との約束を破り、4年後の5月5日に…

50年の永いギャンブル人生(8)

その店は、京浜東北線の大森にあり深夜パブで食事も出し、カラオケもありました。 前半はサラリーマンが多く、深夜は水商売の人で繁盛しました。 大森は平和島競艇の国鉄の駅でした。どうもギャンブル場とは縁が切れません。今度は仲間と、競艇場通いです。 …

50年の永いギャンブル人生(7)

今日は、清原が執行猶予付きの判決を受け、大半は清原に同情的でした。 大井町の暴力団系雀荘とは知らず50年前、ヤーサンと卓を囲む事があり、当然、徹夜になり次の昼間飯を食うと眠くなり終わりにしたいのに、負けている彼は、お湯に溶かしたヤクを注射器…

50年の永いギャンブル人生(6)

1973年は沖縄返還も有りました、沖縄の人がパスポートを持っていました。 もう一つ、50年前の学生寮で社会のイヤな経験をしました。 4年の先輩が曳舟の狭い生活道路で深さ2m、長さ30mの穴掘りを、現場の親方から、30万円で請け負い寮の学生に…

50年の永いギャンブル人生(5)

思い出した、学生寮時代とクラブ時代の大きなエピソードを書きます。 鉄筋建ての寮は40人位の男子学生が生活し、テニスコートがあり、回りは畑があり閑静な住宅地でした。 ある深夜、屋台のラーメン屋に3人で行き、先客の2人若い男と大喧嘩になり、何が…

50年の永いギャンブル人生(4)

彼女と同棲も最初だけで、段々、徹夜麻雀、オート、中央競馬と金に余裕が出来たので ギャンブルがエスカレートして行きました。 そうなると、別れも早くなり、彼女に三下り半を突き付けられ、追い出されました。クラブもヤメ、ギャンブルを止めるために、池…

50年の永いギャンブル人生(3)

その当時、オートレースでは、戸田選手が、トライアンプの750ccに乗り、大活躍していました。 川口、最近、廃止になった船橋もファンでいっぱいでした。 大井町は、競馬場オート、競艇がありギャンブルの町で、キャバレー、バーがいっぱいあり、ヤクザ…

50年の永いギャンブル人生(2)

大学に行かず、大井町線の自由が丘の雀荘に入りびたりで、打っていました。 当時の、自由が丘は、古びた映画館と雀荘があるだけで静かな町でした。 徹夜麻雀が出来ないので大井町の雀荘に行きました。後で解かりましたが、暴力団が経営していたみたいで覚せ…

50年の永いギャンブル人生(1)

昭和41年(1966年)3月、たった一人で大分の田舎から東京の私大合格の為、上京しました。 何せ田舎者で緑色の電車が、山手線ぐらいしかわかりませんでした。 父親が運良く大会社の社員で本社ビルが虎ノ門にあり、世田谷に学生寮があり、全国の支社か…